茨木市 眼精疲労 VDT症候群がつらい 37歳男性

画像の説明

眼精疲労・ドライアイが辛い

大阪府茨木市の37歳男性。30歳から眼精疲労が悪化しました。

パソコン作業で目のショボショボ・ゴロゴロ・ドライアイの症状です。

眼科ではVDT症候群と診断され目薬処方ですが気休め程度です。

週1ペースで7回の施術を受けられ、眼精疲労は30%に軽減しました。

仕事に差し支えなくなり、目が疲れても寝ると翌朝すっきりしています。

ここで一旦終了としました。

VDT症候群は良くなります。

眼科検査で目の病気でなければVDT症候群は、目には原因がありません。

当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。

お悩みの方は「眼精疲労専科」をご覧下さい。

マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。眼精疲労に特化した独自療法です。


眼精疲労は原因がはっきりせず治りにくい症状です。眼科での目薬治療、マッサージ、ツボ指圧、ストレッチ、サプリメント、鍼治療、ヨガで治らない場合は当整体院が有効です。眼精疲労の原因をチェックして適確な対策を行います。肩こり、頭痛、めまい、吐き気、眠気も一緒に改善します。ビタミン剤は効果がありますが、マッサージ機、解消グッズなどの使用はお薦めしません。眼精疲労、目の痛み、VDT症候群で豊中市、枚方市、大阪市からも来訪頂いております。