大阪市 円錐角膜コンタクト痛 改善の声 37歳男性

画像の説明

仕事出来ない

大阪市の37歳男性。1年前から円錐角膜が悪化しました。

専用コンタクトの痛みで、月の半分は装着ができません。

設計の仕事ができなくなり、休職中です。

施術の感想

画像の説明

改善の経過

2ヶ月かけて8回の施術で日常生活に支障なしになりました。

すでに1年が経過しますが良い状態を維持出来ています。

お悩みの方は「円錐角膜痛専科」で検索下さい。

マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。円錐角膜痛に特化した独自療法です。


円錐角膜は進行するとメガネでは視力がでず、専用のコンタクトが必要になります。円錐角膜の進行が進むとコンタクト装着で目が痛いという症状が起きてきます。保険適用の病院治療では痛みが治らず、治療方法を探されて当整体院にお越しになられます。円錐角膜、コンタクト痛で神戸市、名古屋市、横浜市からもお問い合わせがあります。